2010年03月12日

東京・文京区長、2週間の育児休暇取得へ(読売新聞)

 東京都文京区の成沢広修(ひろのぶ)区長(44)は長男が生まれたことを受け、4月に約2週間、公務を休む考えを11日、明らかにした。

 男性の育児休暇取得が進まない中、「トップが休むことで、職員に取得を促したい」としている。区長など特別職の育児休暇は制度化されておらず、自主的な休みになるという。

 区によると、公務を休む期間は4月3〜15日。2月に長男が誕生し、今月、区議会や区側に「育児のため休む」と伝えたという。

 総務省によると、地方公務員の育児休業等に関する法律は、一般職に休業の権利を認めているが、区長など特別職は対象外。区は「特別職には休暇の概念がなく、自主的に休むことになる」としている。

 成沢区長は11日朝、区役所で報道各社の取材に、「結婚9年目にやっと子供ができた。妻の負担を軽減すると共に、職員に対し(育児休暇を取っても)キャリア面でのロスはないと伝えたい」と話した。休暇中に予定されている区議会特別委員会には「求められれば出席する」としている。

 成沢区長は1991年、25歳で文京区議に初当選。区議会議長などを経て2007年4月に区長に初当選した。

ペコちゃん“誘拐”17体、2府4県で被害(読売新聞)
地デジ移行まで500日 難視聴対策衛生も稼働開始(産経新聞)
日赤が医療チーム派遣=チリ大地震(時事通信)
証人の石井一議員「国会行かずゴルフ」 アリバイで口利き否定 郵便不正公判(産経新聞)
<刑務所出所>仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし(毎日新聞)
posted by ムラキ キミオ at 03:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

教員に罰則、改正案提出=自民、みんな(時事通信)

 自民、みんなの両党は10日、北海道教職員組合から小林千代美民主党衆院議員側に違法な政治資金が渡ったとされる事件を受け、公立学校の教員が政治的行為の制限に違反した場合の罰則を強化する教育公務員特例法改正案を衆院に共同提出した。夏の参院選を控え、労働組合から選挙支援を受ける民主党をけん制する狙いがある。
 現行法は違反しても刑事罰が科されず、懲戒処分にとどまっている。改正案は、違反した場合について「3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処する」とした。 

【関連ニュース】
ネット選挙、首相が早期解禁に期待=亀井氏「企業献金禁止は民主だけで」
協議機関設置へ調整着手=与野党、「政治とカネ」で
前原氏「歴史的使命感で判断を」=小沢氏進退、支持率続落で閣僚発言
民主小林議員に聴取要請=北教組資金提供
324政治団体が不動産保有=陸山会が突出9億円

北が日本世論軟化策 総連内部文書 マスコミ工作指令(産経新聞)
国保65歳以上全員加入なら公費1・2兆円増(読売新聞)
<アカデミー賞>「ハート・ロッカー」受賞(毎日新聞)
金元工作員招致へ調整=拉致解明の一環−政府(時事通信)
「被害者にどうしたらいいか考えて」加藤被告に反省促す証人(産経新聞)
posted by ムラキ キミオ at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

相次ぐ悲劇 「夫に似てかわいくない」 親のストレスはけ口(産経新聞)

 また自分の子供を死なせた親が逮捕された。3日にも奈良県桜井市で5歳の長男に食事を与えず死なせた両親が逮捕されたばかり。育児放棄(ネグレクト)、虐待…。幼子が犠牲になる事件は後を絶たない。

 「愛情がわかなかった」「子供がかわいくない」

 奈良県警に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された両親は、長男に食事を与えなかった理由を、県警や児童相談所にこう話した。同様の理由で虐待するケースは最近では珍しくないようだ。「時代とともに親が変わってきている。一概にはいえないが、未熟な親もいる」。児童虐待対策などを行っている「子どもの虹情報研修センター」の川崎二三彦研究部長はそう話す。

 警察庁によると、昨年1年間で摘発した児童虐待は過去最高の335件。平成11年の2・5倍以上だ。このうち、児童に暴力を加える身体的虐待が234件、性的虐待が91件だが、食事を与えないなどのネグレクトも10件あった。しかも摘発されているのは、大半が実父や実母だ。

 「児童虐待の多くは、夫婦仲の悪化や貧困など、親にさまざまなストレスが重なった結果、起きる」。川崎部長は解説する。捜査関係者によると、奈良県の事件で逮捕された母親も「夫婦仲が悪く、息子の顔が夫に似ているので、かわいくなかった」と供述しているという。

 桜井市によると、両親は長男の1歳6カ月健診や3歳6カ月健診も受診させず、電話をしても「家族の介護で受診に行けない」と答えるばかりだった。川崎部長は「子育ての援助者がいないことは、虐待の大きな原因になる。地域社会のつながりが希薄になり、相談する人もいない。虐待をしている親らは次第に、声をかけられても拒否するようになる」と話している。“生き地獄”を強いられる子供のSOSはなかなか届かない。

【関連記事】
奈良の男児餓死で「不仲の夫と似ている長男が憎らしく…」母親供述
また虐待死…4歳次男に食事与えず放置 容疑の両親逮捕
「結婚は不自由…子供持てば一層」埼玉県教育委員長が発言、すぐ謝罪
死亡3歳女児、体に多数あざ 虐待の可能性も 福岡
娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望

ユーチューブにバイク暴走映像=知人投稿、運転の男を逮捕−和歌山県警(時事通信)
医療チーム、派遣見送り チリがキャンセル(産経新聞)
沖縄振興、新計画は期間短縮=前原担当相(時事通信)
新幹線「のぞみ」白煙、歯車箱内側から破損か 全632車両を緊急検査(産経新聞)
児童虐待、家庭へ「強制立ち入り」可能に(読売新聞)
posted by ムラキ キミオ at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。