2010年03月11日

教員に罰則、改正案提出=自民、みんな(時事通信)

 自民、みんなの両党は10日、北海道教職員組合から小林千代美民主党衆院議員側に違法な政治資金が渡ったとされる事件を受け、公立学校の教員が政治的行為の制限に違反した場合の罰則を強化する教育公務員特例法改正案を衆院に共同提出した。夏の参院選を控え、労働組合から選挙支援を受ける民主党をけん制する狙いがある。
 現行法は違反しても刑事罰が科されず、懲戒処分にとどまっている。改正案は、違反した場合について「3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処する」とした。 

【関連ニュース】
ネット選挙、首相が早期解禁に期待=亀井氏「企業献金禁止は民主だけで」
協議機関設置へ調整着手=与野党、「政治とカネ」で
前原氏「歴史的使命感で判断を」=小沢氏進退、支持率続落で閣僚発言
民主小林議員に聴取要請=北教組資金提供
324政治団体が不動産保有=陸山会が突出9億円

北が日本世論軟化策 総連内部文書 マスコミ工作指令(産経新聞)
国保65歳以上全員加入なら公費1・2兆円増(読売新聞)
<アカデミー賞>「ハート・ロッカー」受賞(毎日新聞)
金元工作員招致へ調整=拉致解明の一環−政府(時事通信)
「被害者にどうしたらいいか考えて」加藤被告に反省促す証人(産経新聞)
posted by ムラキ キミオ at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。