2010年03月16日

<石原都知事>知事選出馬を示唆 「場合によってはやるよ」(毎日新聞)

 11年春に3期目の任期満了を迎える東京都の石原慎太郎知事は12日、「場合によってはやるよ。また」と発言し、次期知事選への出馬もあり得ることを示唆した。都議会予算特別委員会の終了後、報道陣に語った。

 民主党都議が特別委で「新銀行東京の再建を誰に引き継ぐのか」と質問したのに対し、石原知事は「(自分は)いつ辞めるか分かりませんよ」と発言。報道陣から真意を問われると「世の中はケセラセラだ」とかわした。

 都議会は都が計画する築地市場の移転を巡って知事と民主党が対立しており、議会内では「民主に揺さぶりをかけるために任期途中で辞任し、知事選で民意を問うことをにおわせているのでは」との見方も出ている。石原知事はこれまで、3期目の任期満了とともに引退すると表明していた。【江畑佳明】

【KANSAIハヤ耳】「本に願いを」プロジェクト 森のメープルあめ(産経新聞)
首相動静(3月12日)(時事通信)
日中文通クラブ、ネットに勝てず 日本側の参加者激減(産経新聞)
「夫を殺した」と通報の妻を逮捕 長野(産経新聞)
<脅迫容疑>部下を車内に4時間“軟禁” 大和市職員を逮捕(毎日新聞)
posted by ムラキ キミオ at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

東京・文京区長、2週間の育児休暇取得へ(読売新聞)

 東京都文京区の成沢広修(ひろのぶ)区長(44)は長男が生まれたことを受け、4月に約2週間、公務を休む考えを11日、明らかにした。

 男性の育児休暇取得が進まない中、「トップが休むことで、職員に取得を促したい」としている。区長など特別職の育児休暇は制度化されておらず、自主的な休みになるという。

 区によると、公務を休む期間は4月3〜15日。2月に長男が誕生し、今月、区議会や区側に「育児のため休む」と伝えたという。

 総務省によると、地方公務員の育児休業等に関する法律は、一般職に休業の権利を認めているが、区長など特別職は対象外。区は「特別職には休暇の概念がなく、自主的に休むことになる」としている。

 成沢区長は11日朝、区役所で報道各社の取材に、「結婚9年目にやっと子供ができた。妻の負担を軽減すると共に、職員に対し(育児休暇を取っても)キャリア面でのロスはないと伝えたい」と話した。休暇中に予定されている区議会特別委員会には「求められれば出席する」としている。

 成沢区長は1991年、25歳で文京区議に初当選。区議会議長などを経て2007年4月に区長に初当選した。

ペコちゃん“誘拐”17体、2府4県で被害(読売新聞)
地デジ移行まで500日 難視聴対策衛生も稼働開始(産経新聞)
日赤が医療チーム派遣=チリ大地震(時事通信)
証人の石井一議員「国会行かずゴルフ」 アリバイで口利き否定 郵便不正公判(産経新聞)
<刑務所出所>仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし(毎日新聞)
posted by ムラキ キミオ at 03:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

教員に罰則、改正案提出=自民、みんな(時事通信)

 自民、みんなの両党は10日、北海道教職員組合から小林千代美民主党衆院議員側に違法な政治資金が渡ったとされる事件を受け、公立学校の教員が政治的行為の制限に違反した場合の罰則を強化する教育公務員特例法改正案を衆院に共同提出した。夏の参院選を控え、労働組合から選挙支援を受ける民主党をけん制する狙いがある。
 現行法は違反しても刑事罰が科されず、懲戒処分にとどまっている。改正案は、違反した場合について「3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処する」とした。 

【関連ニュース】
ネット選挙、首相が早期解禁に期待=亀井氏「企業献金禁止は民主だけで」
協議機関設置へ調整着手=与野党、「政治とカネ」で
前原氏「歴史的使命感で判断を」=小沢氏進退、支持率続落で閣僚発言
民主小林議員に聴取要請=北教組資金提供
324政治団体が不動産保有=陸山会が突出9億円

北が日本世論軟化策 総連内部文書 マスコミ工作指令(産経新聞)
国保65歳以上全員加入なら公費1・2兆円増(読売新聞)
<アカデミー賞>「ハート・ロッカー」受賞(毎日新聞)
金元工作員招致へ調整=拉致解明の一環−政府(時事通信)
「被害者にどうしたらいいか考えて」加藤被告に反省促す証人(産経新聞)
posted by ムラキ キミオ at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。